【決定版】酒を辞めたから分かる。禁酒と断酒の違いとは?

ラム酒

禁酒と断酒

どちらもよく聞く言葉ですよね。

同じ意味で使われている気もしますが、違いはあるのでしょうか?

今回は禁酒と断酒の違いを説明して行きます。

目次

禁酒と断酒の違いとは?

僕はこの4ヵ月間お酒を飲んでいません。

その4ヶ月の中で見えてきた、禁酒と断酒の違いはズバリ!!

結論:行動は同じ。しかし、内面に大きな違いあり!

理由を詳しく説明して行きます。

禁酒と断酒の辞書的な違い

禁酒

禁酒(読み)キンシュ

[名](スル)習慣的に酒を飲んでいたのをやめること。また、酒を飲むことを禁止すること。

出典:コトバンク

断酒

断酒(読み)ダンシュ

[名](スル)《古くは「だんじゅ」とも》きっぱりとをやめること。禁酒

出典:コトバンク

ほぼ一緒の意味ですね(笑)

なんなら断酒の説明に”禁酒”が入ってますからね(笑)

ですが

禁酒の「酒を飲むことを禁止すること

断酒の「きっぱりと酒をやめること」

この赤字の部分のニュアンスの違いが大事になって来ます。

僕が思う禁酒と断酒の違い

★禁酒

禁酒は”禁”が使われていることからも分かるように”酒を禁止している”状態なんですよ。

あくまでも禁止なのでお酒と決別している訳じゃないんです。

つまりお酒を飲む選択肢は常にある、それを禁止している状態。

古くは禁酒法という法律もありました。

自発的と言うよりは外部的な強制力が働いている状態でもあります。

具体的行動

  • 健康診断前、一週間はお酒を飲まない
  • 日が高いうちはお酒を飲まない
  • 家以外ではお酒を飲まない

★断酒

断酒は”断”から分かる通り、自らの意思でお酒と決別することです。

お酒と決別しているので、期間は死ぬまで続きます

僕のように一口飲めば酒量をコントロールできずに、毎回記憶をなくして問題行動ばかりとるような人間が行うものですね。

断酒を言い換えると卒酒になります。

具体的行動

  • 一生お酒を飲まない

まとめ

今回は禁酒と断酒の違いについてまとめました。

一言で違いを説明するならこんな感じです。

  • 禁酒:一時的に飲まない
  • 断酒:一生飲まない

お酒を止めるって結構大変なんですよね。

だからこそ些細な言葉のニュアンスを大事にすべきだと思います。

「神は細部に宿る」ですね。

以上!ありがとうございました!

合掌 🙏

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東北出身、杉並区で一人暮らし中の27歳会社員。在宅勤務の空き時間でブログを書いています。

「35歳までに1億円をためて田舎でセミリタイア」が人生の夢。
そのために日々、節約と英語学習にまい進中です。

このブログでは自分が体験して良かったものを発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる