【超簡単】京王線ユーザー必見!定期券のお得な買い方をご紹介

京王線の定期券安く買う方法アイキャッチ

こんな方にお勧めの記事です

男性
男性

京王線の定期券をお得に買いたい!

通勤費が支給されてるとはいえ、定期券は高い買い物です。少しでもお得に買いたいですよね。

そこで今回は京王線の定期券をお得に買う方法をご紹介します!

なぜ京王線限定かというと、今回ご紹介する方法は京王線ユーザーの僕が実際に使っている方法だからです。

非常にシンプルな方法なので、ぜひ取り入れてください。

では、いきましょう!

目次

京王線ユーザー必見!定期券のお得な買い方をご紹介

蛍光ペンの画像

定期券をお得に購入する方法・・・それは

数駅先まで買う これだけです。

意味が分からないと思うので、詳しく説明していきます。

数駅先まで買うとは?

実は京王線の定期券料金って複数の駅で同じ金額なんです。

つまり、本来の定期券区間よりも長い区間の定期券を、同じ金額で購入できる可能性があります。

具体的には

本線では新宿を起点に以下の駅の定期券が同じ金額です。

京王本線:新宿を起点
  • 初台、幡ヶ谷、笹塚
  • 代田橋、明大前
  • 下高井戸、桜上水、上北沢、八幡山
  • 芦花公園、千歳烏山、仙川
  • つつじが丘、柴崎、国領、布田
  • 調布、西調布、飛田給、武蔵野台
  • 多磨霊園、東府中、府中、分倍河原
  • 中河原、聖蹟桜が丘、百草園、高幡不動
  • 南平、平山城址公園、長沼、北野
  • 京王八王子

井の頭線もこんな感じです。

井の頭線:渋谷を起点
  • 神泉、駒場東大前、池ノ上、下北沢、新代田、東松原
  • 明大前、永福町
  • 西永福、浜田山、高井戸
  • 久我山、富士見ヶ丘、三鷹台
  • 井の頭公園、吉祥寺
筆者(即身粒)
筆者(即身粒)

神泉~東松原間の料金が一緒とか、これどうなってるん?w

例えば、神泉在住で渋谷に通勤している方は、

  • 神泉~渋谷
    ではなく
  • 東松原~渋谷

で定期券を購入した方が、同じ料金で下北沢にも定期券で行けてお得です。

実際に僕もやっています。

僕は渋谷で東京メトロに乗り換えて通勤しています。

最寄り駅は桜上水ですが、2駅先の八幡山までが同じ料金なので、定期券は必ず八幡山~渋谷で購入しています。

僕の定期券の画像(モバイルPASMO)
僕の定期券の画像(モバイルPASMO)

別に上北沢と八幡山が定期区間加わったとはいえそこまで便利になるわけじゃありませんが、たまに環八沿いのドンキに行くときなんかに使っています。

定期券は同じ金額の最長区間で買おう!

どうせ同じ金額であれば、できるだけ長い区間で定期券を買った方がお得ですよね。

とはいえ定期代を調べるために、券売機を長々と操作するのも気が引けると思います(笑)

そんなときは、このジョルダン定期代検索で事前に最長区間を調べて買うようにしましょう!

他にもある、京王線の定期券をお得に買う方法

ルービックキューブの画像

①:クレジットカードで買う

これは別に京王線に限った話ではないですが、定期券は現金ではなくクレジットカードで購入しましょう。

京王パスポートカード以外のカードでも購入可能です。

僕は楽天カードをモバイルPASMOに紐づけて、アプリで定期券を購入しています。

モバイルPASMOの画像
このようにモバイルPASMO上で定期券が購入可能

楽天カードを使うと購入金額の1%が楽天ポイントで返ってきますので、お得に購入することができます。

③:どっちーもを買う

どっちーもとは普段の定期区間に新宿・渋谷のいずれかが含まれる場合、1カ月+1,020円で、もう一方に行けるようになるというです。

具体的には

府中から新宿への6カ月定期券を購入する場合、
従来の定期代に+5,510円で渋谷へも定期券で行けるようになります。

1月あたり4回以上利用する方はつけるとお得

明大前~新宿・渋谷の運賃は136円、往復で272円です。

通勤は新宿だけど遊びに行くのは渋谷。その逆も然りで、月4回以上利用される方はオススメです。

注意点

どっちーもで追加された新宿・渋谷以外でで降りた場合は運賃が掛かります。

例えばどっちーもで渋谷を追加した場合、下北沢で降りると明大前~下北沢間の運賃は普通に掛かります。

まとめ:京王線の定期券をお得に買うには下調べが大事

今回の内容をまとめると

  • 京王線の定期券は複数の駅が同じ金額
  • 同じ金額の中の最長区間で購入しよう
  • 事前にジョルダン定期代検索で下調べすべし

今回ご紹介した方法で得してもたかだか1~2駅分です。ですが、その小さいことを積み重ねが大きな差になります。

今回に限らず「少しでもお得にならないかな?」という視点で物事をとらえて、節約生活励んでいきましょう!

以上!ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東北出身、杉並区で一人暮らし中の27歳会社員。在宅勤務の空き時間でブログを書いています。

「35歳までに1億円をためて田舎でセミリタイア」が人生の夢。
そのために日々、節約と英語学習にまい進中です。

このブログでは自分が体験して良かったものを発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる