【楽天経済圏】楽天銀行をメインで使うメリット・デメリットをご紹介!

こんな方にオススメの記事です。

男性
男性

SPUも+1倍だし楽天銀行を検討中、
メインの銀行にした時のメリット・デメリットを知りたい!!

この記事を読めばこんなことが分かります

  • 楽天銀行のメリット
  • 楽天銀行のデメリット
  • 楽天銀行をオススメな方

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定すると、楽天市場のSPUが+1倍になります。

つまり、楽天経済圏でお得になりたい方はメインの銀行を楽天銀行に変えるべきなんです。

ですが、銀行を変えるって結構大きな出来事で、おいそれとは決められないですよね。

そこで、今回は楽天銀行のメリット・デメリットをご紹介します。

楽天銀行をメインとして使っている僕自身の経験をお伝えするので参考になれば幸いです。

では、いきましょう!

目次

楽天銀行とは?メインで使うってなに?

支払い中の画像

楽天銀行の概要

楽天が運営するネット銀行です。

現在、口座数が1,000万を超えており、その点では国内最大のネット銀行です。

ネット銀行なので支店はなく、スマホアプリやPCサイトで取引を行います。

口座開設すらネットで申し込みです(笑)

楽天銀行の特徴

上で触れた以外の楽天銀行の特徴を挙げていきます。

特徴①:楽天銀行専用のATMが存在しまない

ゆうちょ銀行やメガバンクのような、専用ATMは存在しません。

とはいえ色んな銀行のATMと提携しているのでどこのATMでもお金が下せます。

特徴②:楽天銀行あては振込手数料0円

楽天銀行間の振り込みは「何円であろうが」、「何件であろうが無料」です。

特徴③:口座開設や口座の維持手数料はかからない

もちろん、こうした手数料が掛かることはありません。

楽天銀行をメインで使うとは?

以下の2点を楽天銀行で行うことです。

  1. 給与の受取口座を楽天銀行に設定する
  2. クレジットカードの引き落とし口座を楽天銀行にする
  3. 楽天銀行口座で貯金をする

それぞれメリットをご紹介していきます。

給与の受取口座を楽天銀行に設定する

この設定で、他行あての振り込みが月3回まで無料になります。

僕の場合、基本的に家賃の振り込みの1回しか消費しません(笑)

クレジットカードの引き落とし口座を楽天銀行にする

給与の振り込み口座が楽天銀行なので普通のことです。

楽天銀行ユーザーは楽天カードを使おう

楽天市場のSPUが+1倍になります。

楽天カード自体かなりおススメのクレジットカードです。
関連記事:【楽天経済圏】愛用8年の僕が教える 楽天カードがおすすめな7つの理由

楽天銀行口座で貯金する

楽天銀行では口座残高に応じて、サービスがよりお得に使えます。

貯金自体をお勧めはしませんが、現金は楽天銀行に入れるようにしましょう。

楽天銀行をメインで使うべきメリット

蛍光ペンの画像

ここでは楽天銀行をメインで使うべきと主張するメリットを3つ紹介します。

メリット①:金利が高い

通常金利:0.02%

特に優遇がない状態での金利です。

メガバンクが0.001%なので、20倍です。

楽天カードの引き落とし口座に設定すると金利:0.04%

楽天カードと楽天銀行を紐づけるもう一つのメリットです。

メガバンクの40倍です。

楽天証券とマネーブリッジの設定をすると金利が0.1%

楽天証券と楽天銀行を紐づけると金利が0.1%、メガバンクの100倍になります。

「1千万口座に預けていたら、年1万円帰ってくる」凄いですよね。

メリット②:ハッピープログラムの存在

「ハッピープログラム? なんだよそれ・・・」

と思うでしょうが、実はすごいんです。

ハッピープログラムの特徴
  • ATM手数料が無料
  • 他行あて振込手数料が無料
  • 楽天銀行での取引に応じてポイントがもらえる

物凄いお得ですよね。とはいえ注意点があって、

注意点:ランク制になっている

出典:楽天銀行HP

楽天銀行をより利用しているユーザーはより優遇を受けられるということです。

出来ればVIP以上になっておきたい。

  • ATMが月5回まで無料
  • 他行あて振込手数料が3回まで無料
  • 貰える楽天ポイントの倍率が×3倍になる

かなり魅力的なんですよね~。

VIPランクになるための条件として、残高もしくは取引件数がありますが、取引件数は正直厳しいです。

口座残高を100万円以上でキープするのがオススメです。

メリット③:楽天証券とのマネーブリッジがお得

メリット①でも登場したマネーブリッジです。

マネーブリッジとは、簡単に言うと楽天証券口座と楽天銀行の口座を紐づけること。

証券口座にわざわざ入金しなくても、楽天銀行の口座から自動的に入金されたり、楽天証券の残高が自動で楽天銀行に戻ります。

加えて、楽天証券の取引がハッピープログラムの対象になる

メリット②で上げたので、楽天証券での取引で楽天ポイントがもらえます。

もう、完全に楽天は囲い込みに来ています。

結果お得になるので、囲い込まれましょう(笑)

楽天銀行をメインで使うのデメリット

暗い中でペンの画像

デメリット①:ATM無料回数は少ない

メガバンクのATMって時間によっては無料とかありますよね。

一方、楽天銀行はハッピープログラム以外にはATM無料はありません。

要するにハッピープログラムのランクが優秀でないとATM手数料がかかります

とはいえ

キャッシュレス決済を行っていれば、現金を使う場面はそう多くないはず。

僕自身そうですが、現金を下ろすのは月1回位あれば十分です。

むしろATMを頻繁に利用するなら、そっちを改善する余地があります。

デメリット②:奨学金の返済口座に設定不可

地味に面倒くさいですよね。

なので奨学金返済の為だけに、みずほ銀行にお金を入れています(笑)

楽天銀行を特にオススメしたい方

ぬいぐるみの画像

ここまでの内容を踏まえて、楽天銀行を特におすすめしたい方は

  1. 楽天経済圏でお得になりたい方
  2. 100万円以上の貯金がある方

ちなみに、僕はお金を投資に回しているので、2には当てはまっていません(笑)

それでもかなりお得に使えていると思います。

楽天銀行はメリット多し、楽天経済圏には欠かせない!

いかがでしたか?

もちろん楽天銀行は単体でもメリットが大きいですが、他の楽天サービスと組み合わせることでよりお得になります。

そうした点でも楽天経済圏でお得になりたい方は、楽天銀行に変えるのが義務です。

僕も楽天銀行をよりお得に使うために、今年中に残高を100万円まで増やしたいと思います(笑)

以上!ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東北出身、杉並区で一人暮らし中の27歳会社員。在宅勤務の空き時間でブログを書いています。

「35歳までに1億円をためて田舎でセミリタイア」が人生の夢。
そのために日々、節約と英語学習にまい進中です。

このブログでは自分が体験して良かったものを発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる