節約になるクレジットカードの使い方 支出の見える化で無駄をなくそう!

節約 豚さん

巷ではクレジットカードが節約に繋がるとよく言いますよね。

でも、こんな方いませんか?

クレジットカードを使っているけど節約できていない・・・

確かに、クレジットカードはポイントはつきます。

ですが、ポイント=節約ではないですよね。

では、一体どのように使うと節約の役に立つのでしょうか?

本記事では僕が実践している「節約に繋がるクレジットカードの使い方」をご紹介します。

この方法を取り入れることで節約だけでなく、家計簿も必要無くなります。

では、いきましょう!

目次

節約に繋がるクレジットカードの使い方

節約に繋がるクレジットカードの使い方それは

「支払いを全部一枚のクレジットカードにまとめる」です!!

お金パズルの画像

「支払いを全部一枚のクレジットカードにまとめる」とは?

  • 家賃
  • 食費
  • 光熱費
  • 娯楽費

等々の出費をできる限り一つのクレジットカードで支払うことです。

買い物・外食する場所はクレジットカードが使えるお店を選びましょう。

NG行動

複数のクレジットカードを使い分ける

これだけは辞めましょう。

僕もクレジットカードは3~4枚持っていますが、実際使うのは一枚だけです。

この理由は後程説明いたします。

「支払いを全部一枚のクレジットカードにまとめる」が節約に繋がる理由

クレジットカードの画像

クレジットカードのメリット

メリット①:支出が見える化される。

クレジットカードで支払うことで

  • 何円
  • 何に
  • いつ
  • どこで

使ったかが明確になります。

  • 今月お金使いすぎているな
  • 先月お金使いすぎちゃったな
  • あの出費は無駄だったな

こんな感じで自分の無駄遣いを反省し、支出の最適化につながります。

メリット②:家計簿が不要になる

クレジットカードの明細を家計簿代わりにすることができます。

現金支出の記載が漏れますが、手間が省けることを考えると必要な犠牲です(笑)

メリット③:ポイントが貰える

多くのクレジットカードでは利用金額に応じてポイント還元があります。

自動で付与され手間もなし、貰えるものは貰いましょう。

メリット④:ATMの手数料がかからない

現金が減らないので、ATMを利用する必要がありません。

手数料は本当に無駄金なので、削減できるのは大きなメリットです。

なぜクレジットカードを一枚にする必要があるのか?

カードを複数使う場合のデメリットからご説明します。

理由①:別途家計簿が必要になる

一月の出費

  • カードA:10,000
  • カードB:15,000円
  • カードC:6,000円

仮にこんな感じの出費だとすると、A~Cカードそれぞれに明細が出てきます。

こうなると、それらの内訳をまとめた家計簿を別途作る必要性があります。

理由②:ポイントの管理も大変

一月のポイント獲得数

  • カードA:1万円       ⇒Aポイント100Pゲット
  • カードB:1万五千円     ⇒Bポイント150Pゲット
  • カードC:6000円     ⇒Cポイント60Pゲット

このように3つのカードを使うことで、3種類のポイントを獲得します。

これでは1種類当たりのボリュームも下がってありがたみが薄れますし、

気付かないうちにポイントを失効させることもあり得ます。

現代においてポイントは現金と等価なので、管理がしやすいように一つにまとめましょう。

僕のクレジットカードの使い方

凧あげの画像

使っているクレジットカード

僕は楽天カードを使っています。

楽天カードの良いところ
  • アプリで利用金額がすぐ分かる
  • 利用金額の1パーセントのポイントが付く
楽天カードの明細
楽天カードの明細アプリ

こんな感じで、アプリで何にお金を使ったかがすぐ分かります。

他にも楽天カードはたくさんのメリットがあるので、おススメのクレジットカードです。

楽天カードのメリットについては⇩の記事で詳しく説明しています。

関連記事:【楽天経済圏】愛用8年の僕が教える 楽天カードがおすすめな7つの理由

家賃以外は基本的に楽天カードで支払い

家賃がクレジットカード支払いに対応していないので、銀行振り込みですが、

それ以外の支出は基本クレジットカードで支払っています。

店での支払いはお財布ケータイを利用

クレジットカードでの支払いは暗証番号が必要でちょっとめんどくさいので、

  • 楽天edy
  • Quickペイ
  • 楽天ペイ
  • PASMO

これらを適宜使い分けています。

交通費も楽天カードから支払い

モバイルPASMOを利用することで、交通費も楽天カードから支払うことができます。

投資も楽天カードから支払う

楽天証券限定ですが月5万円を限度に、投資信託を楽天カードで購入できます。

投資信託の購入費用にもカードの利用ポイントが付くのでかなりおススメです。

現金は特定の店でしか使わない

現金も少しは使いますが、使う店は決めています。

  • 他店よりも圧倒的に安い店(業務スーパー・近所の八百屋)
  • どうしても食べたいお店(ラーメン二郎・蒙古タンメン中本)
  • 旅行のとき

また、現金はあるルールを決めて使うようにしています。

まとめ:クレジットカードを上手に使い、無理なく・手間なく支出を把握しよう

いかがでしたか?

今回の記事では「節約に繋がるクレジットカードの使い方」を解説しました。

支払いを1枚のクレジットカードにまとめるだけで節約につながります。

その他のメリットも大きいので、絶対に取り入れるべき習慣です。

クレジットカードを上手に使って、可処分所得を増やしていきましょう!

以上!ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東北出身、杉並区で一人暮らし中の27歳会社員。在宅勤務の空き時間でブログを書いています。

「35歳までに1億円をためて田舎でセミリタイア」が人生の夢。
そのために日々、節約と英語学習にまい進中です。

このブログでは自分が体験して良かったものを発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる