【書評】人生を変えるモーニングメソッド 内容まとめ

書評用画像

今回ご紹介する本はこちら「人生を変えるモーニンメゾット

この本の海外版はAmazonレビューで平均4.6を獲得している凄い本です。

僕も読んでみて確かに凄い本だと感じました。

今回は僕が注目した点や感想を書いていきます。

目次

「人生を変えるモーニングメソッド」の著者

ハル・エルドットさん

彼の人生は壮絶だ。そのエピソードがこの本に説得力を与えてくれます。

彼は20歳の時に一時心停止をするような交通事故に会う

この事故の影響で脳に障害が残った。

しかし、彼は挫けることはなかった。

  • 現状自分が出来ることに100%集中する
  • 起こった出来事に意味を与えるのは自分である

この経験からこれらの教訓を学ぶ。

そして彼は事故の翌年、仕事に復帰し6万人いるセールスマンの中で6位というキャリア至上最高の成績を上げることに成功する。

リーマンショックの時に事業が失敗

事業の失敗で彼は多額の借金を背負う。

大事故の後ですら前向きだった彼もこのときは絶望し、自殺すら考えるようになる。

そんな彼を絶望の淵から救い、生きる活力を与えたのが「モーニングメソット」だ。

本書では彼がどのように「モーニングメソット」を使い、人生を好転させていったかが書かれている。

「人生を変えるモーニングメソッド」の内容

僕が特に注目した点をピックアップしていきます

社会的な成功レベルは、人間としての成長レベルを上回ることがない

よほどの強運の持ち主でない限りこれに当てはまると思います。実際に成功者と呼ばれる方たちは人間的にも素晴しい方が多いです。

だからこそ人間としての成長をするための時間を作る必要があります。夜は疲れが、昼は別の予定が入ってしまう。だからこそ朝の時間が大切になるのです。

一日の最初の一時間を潜在能力をフルに発揮し成功を手に入れる

この方法が「モーニングメソット」です。

モーニングメソットの内容は?

毎朝一時間早起きして以下を行う

  1. 瞑想
  2. 読書
  3. アファメーション(自己暗示)
  4. イメージング
  5. 日記を書く
  6. エクササイズ

長くなってしまうので具体的な方法は割愛します。ぜひ本を読んでください。

モーニングメゾットから得られるもの

  • 朝目覚めたときのワクワク感
    • クリスマスの朝のような気分で毎朝起きることが出来る
  • 思考がクリアになる
    • 日記を付けることで頭の中が整理される
    • 体を動かすことで酸素を頭に供給される
  • 人生に妥協をしなくなり、理想を追い求められる
    • 自己暗示と成功をイメージすることで目的が明確になる

「人生を変えるモーニングメソッド」の感想・実用編

感想

この本は訳が自然で構成も章が細かく区切られていてかなり読みやすいです。

具体的な行動まで教えてくれる本で凄くありがたい。

朝の一時間と時間指定も明確で着手しやすく継続につながる良著に思います。

実践

僕は普段から朝6時に起きる生活をしているので、起床を1時間早めて朝5時にしようと思います。睡眠時間が減った分はお昼寝で取り返したいと思います。

こんな順番でモーニングメゾットを行っていきます。

  • 瞑想       :7分
  • アファメーション :5分
  • イメージング   :5分
  • 日記を書く    :10分
  • エクササイズ   :15分
  • 読書       :18分

取り急ぎはこの順番時間配分で行ってまいります。本には”自分好みにカスタマイズするべし”と書いてあるので、やりながら改善点があれば変更を加えていきます。

正直、イメージングとアファメーションは本のやり方を読んでもいまいちピンと来なかったので、やりながら実態を把握していければと思い増す。

まとめ

今回は朝時間が自分に革命をおこす 人生を変えるモーニングメソッド の書評でした。

この本自体凄く読みやすいですし、具体的な行動につながる自己啓発本なのでオススメです。

モーニングメゾットを実践していく中での変化や気付きがありましたら、また報告をしたいと思います。

以上!ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東北出身、杉並区で一人暮らし中の27歳会社員。在宅勤務の空き時間でブログを書いています。

「35歳までに1億円をためて田舎でセミリタイア」が人生の夢。
そのために日々、節約と英語学習にまい進中です。

このブログでは自分が体験して良かったものを発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる