【書評】「10倍速く書ける 超スピード文章術」

書評用画像

文章を書くって苦手だな、学生時代国語の成績も悪かったし

書きたいことはあるんだけど、手が動かない・・・

こんな人のための記事です。

ちなみに僕のことです(笑)

書きたいことは固まっているものの、何から書いて良いか分からずに手が動かない。

書いているうちにあれもこれも必要に思えてきて、結果的に支離滅裂な文章になってしまう・・・

そんな繰り返しに嫌気が差して、ブログが憂鬱になる。

見事なまでの悪循環ですね(笑)

この本を読んだことでスラスラとは行かないまでも、記事を書ききることができるようになりました。

思い当たる節がある人はぜひ読んでみてください!

目次

10倍速く書ける 超スピード文章術を読んでみた!

僕が読んだのは、「10倍速く書ける 超スピード文章術」という本です

著者の上阪徹さんはライターでブロガーはないのですが、本の内容的にかなりブログに応用ができると感じました。さらには企画書作成やビジネスメール作成にも応用可能で、文章力とは普遍的なものであり、媒体を問わずに成長させるべき力だと実感しました

10倍速く書ける 超スピード文章術 (日本語) 単行本(ソフトカバー)

僕がビビっと来たポイント

  1. 「うまい文章」を書く必要はない
  2. 文章を書くための素材(独自の事実、エピソード、数字)を揃える
  3. 文章を書く目的を明確にする
  4. 文章の読者に向けて書く、読者が明確ではないときは知人をイメージして書く
  5. 書くときは一気に書き上げる
  6. 話すときと同じ順番で文章構成を作る

一言一句同じというわけではありませんが、わかりやすくまとめるとこんな感じになります

この中でも一番印象に残ったのは「3.4.の文章の真の目的と読者」に関する話でした

目的と読者を明確にすることで、”文章の素材集め”、”文章構成を考える”、”書き上げる”際にも効率性と一貫性を持たせることができるのだと、これを読んで実感しました

10倍速く書ける 超スピード文章術を今後のブログ運営に応用!

今後のブログに活かすために具体例を考えました

1.目的と読者を明確

たとえば今回の記事の目的と読者

目的:◎To自分⇒アウトプットを通じて本の内容理解の深化
   ◎To読者⇒本の概要を知って貰う事で悩み解決の第一歩とする
読者:ブログを始めたてで、漠然と文章を書いている人(読む前の自分w)
 
今後は記事を書く第一歩として目的と読者を明確化は今後必ず行うぞ!

2.マインドマップを利用して素材を準備する

ブログを書くための素材をマインドマップに書いて因果関係を整理します

こちらは先日書いた記事のマインドマップです

マインドマップ作成に45分、記事作成に45分ぐらいかかりました
使って感じたメリットとしては3点あります

  1. 思いつきで書き進めることがなくなるので、文章に統一感がでる
  2. 文字数を意識しなくとも、ある程度の文字数が書ける
  3. ツリー形式でまとめることができるので、構成を考える上でも便利

実際に書き進めていてこの効果はかなり実感できました!

3.書くときは一気に仕上げる

上で準備したマインドマップを使って文章を仕上げます

このときはコピペで全部の要素を原稿に並べ、全部コピペが終わったら接続詞や語尾を整えます。マインドマップ作成でブログの構成については考えているので、ここでは手を動かすだけです

  • 思考:マインドマップの作成
  • 作業:マインドマップの複写。装飾

まとめ

今回は「10倍速く書ける 超スピード文章術」をご紹介しました。

ざっくり内容をまとめると

・書く目的(達成したい結果)を明確にしよう
・不特定多数に向けた文章でも、読者を明確にしよう(過去の自分や知人を想定)
・目的と読者が定まったら、文章の素材を集めよう
 ⇒僕は集めた素材をマインドマップを使って整理しています
・書くときは一気に書ききろう!
僕のようなブログ初心者やビジネス文書で悩んでいる方には、間違いなくレベルアップにつながる本だと思います。ぜひご一読を!!

合掌 🙏

10倍速く書ける 超スピード文章術 (日本語) 単行本(ソフトカバー)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東北出身、杉並区で一人暮らし中の27歳会社員。在宅勤務の空き時間でブログを書いています。

「35歳までに1億円をためて田舎でセミリタイア」が人生の夢。
そのために日々、節約と英語学習にまい進中です。

このブログでは自分が体験して良かったものを発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

目次
閉じる