【書評】鬼速PDCAで最強のビジネススキルを手に入れよう

書評用画像

社会人であれば一度は聞いたことのあるワード

”PDCA”

就職活動時にもPDCAを回した体験を面接で話せるようにと、いろんな就活本やセミナーで聞きましたね。

PDCAってよく聞くけど結局何なのでしょうか?

かく言う私もそうでした(笑)

今回はその疑問に答えてくれる本 ”鬼速PDCA” をご紹介します

目次

PDCAとはそもそもなに?

P:PLAN D:DO C:CHECK A:ACTION 

の頭文字を取ったものであり、日本語に直すと

仮説を立て(P) 実行し(D) 結果を検証し(C) 修正を加える(A)

これをAからまたPに戻って再度実行する

P:PLAN D:DO C:CHECK A:ACTION     
  ⇒ P:PLAN D:DO C:CHECK A:ACTION  (修正を加えたPDCA)
   ⇒ P:PLAN D:DO C:CHECK A:ACTION  (再度修正を加えたPDCA)

これがいわゆる”PDCAサイクル”です

鬼速PDCAとは? 普通のPDCAとの違いとは?

鬼速PDCAとは筆者冨田和成氏が提唱するPDCAの実践法です

冨田氏は本書冒頭でPDCAについての世間の誤解を指摘しています

  • PDCAを簡単だと思っている
  • 管理職向けのものだと思っている
  • 課題解決のためのフレームワークだと思っている
  • 大きな課題の時のための物だと思っている

これらの誤解に対して

冨田氏はPDCAは

「誰もがいついかなる時も意識し実践し身につけるべき最強のビジネススキルである」
と定義しています

漠然としていたPDCAの実践法が鬼速PDCAの正体なんです

鬼速PDCAのやり方

PDCA過程の中でそれぞれ意識すべき点を簡単にまとめました

P:PLAN
  • 目標を数値・期日等具体的に定める(KGI化)
  • 現実と目標とのギャップを把握する
  • ギャップを埋める課題を考える
  • 課題をKPI化(数字で把握)する
  • KPIを達成するための解決案を考える
D:DO
  • Pで考えた解決案を具体化する(DO化)
  • DOをKDI化(数字で把握)する
  • DOをスケジュールに書き込む(TODO化)
C:CHECK
  • KGI・KPI・KDIそれぞれの進捗を確認する
  • 達成できた要因を考える
  • 達成できなかった要因を考える
A:AJUST
  • Cを踏まえて調整案を考える
  • 次のサイクルにつなげる

感想

難しい!

最強のビジネススキルというだけあって、

何ヶ月、何年と意識し実践を繰り返しが必要だと感じました

特にCとA工程が難しく、しっくり来ないことが多いです

とはいえ間違いなく一生役に立つスキルなので

反復継続を通して精度を向上させて行きたいです^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一言でまとめると鬼速PDCA

”定期的に読み返しながらじっくりとスキルを身に付けるべき本”ですね!

実際、私も始めは図書館で借りて読んだのですが、書店で買いなおしました(笑)

鬼速PDCA (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/24

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東北出身、杉並区で一人暮らし中の27歳会社員。在宅勤務の空き時間でブログを書いています。

「35歳までに1億円をためて田舎でセミリタイア」が人生の夢。
そのために日々、節約と英語学習にまい進中です。

このブログでは自分が体験して良かったものを発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

目次
閉じる