【乗り方・買い方】京王ライナー乗ってみた感想。1点注意点があります

こんなことが分かります

京王ライナーって実際どうなの?

京王ライナーの乗り方、指定席券の買い方

京王ライナー

2018年より京王電鉄が運行する有料座席指定列車であり、停車駅の発表時には明大前、調布通過するとして話題になりました。

沿線民としていつか乗ってみたいと思い続けて早2年、先日ついに京王ライナーに乗車しました。

いざ乗ってみると意外な発見や気付きを得ることが出来ました。

今回は京王ライナー初乗車の感想と乗車方法についてまとめていきます。

目次

乗って分かった京王ライナーの発見・感想

京王ライナーの画像

気付いた事

車内はとにかく静か

途中駅で人の乗り降りがないので物凄く静かです。読書や考え事をするには最適です。

モーターの音も凄く静かで、車内は静寂に包まれています。駅通過時も静かで、調布駅通過ですら気付きませんでした。

速達性

明大前・調布をはじめとする途中駅に止まらない分、準特急よりも2~5分ぐらい早く着きます。車内が快適なので体感時間はもっと早いです。

コンセントと無料WiFiもあるがあんまり意味ない

無料で使えるコンセントとWiFiがありますが、乗車時間が短いためそこまでの必要性は感じませんでした。

感想

「新宿始発の電車は一本見送れば着席できるのになぜ乗るのか?」と疑問に思っていましたが今回乗車して腑に落ちました。

京王ライナーは単なる着席保証と言うよりは、静かでゆったり帰れる時間の提供という意味合いが強いと感じます。

乗車しても面白みや高揚感を感じる電車ではありませんが、空間的にも精神的にも静かでゆったりとした帰宅には価値があると認識できました。

何か良いことがあった日にちょっとした贅沢として、京王ライナーでゆったりと帰宅するのも良いお金の使い方ではないでしょうか?

京王ライナーの乗り方・指定席券の買い方

紙とペンの画像

京王ライナーの乗り方

事前に410円の指定席券を購入します。

下りの京王ライナーは新宿駅2番線より発車。ホームにはこんな感じの専用の乗車位置案内がありますのでそこに並びましょう。

乗車位置の画像

乗車の際に指定席券の提示を求められることはありません。発車後の車掌さんの巡回時に指定席券の発券状況と実際の席の埋まり具合でみているようです。

座席指定席券の買い方

①事前に専用サイトで予約して購入

予約サイトの画像

京王ライナーの事前予約サイトがありますのでそちらを利用して購入する方法です。

この場合、↓な感じで座席を指定して購入することが出来ます。タイムリミットは発車15分前までです。

座席選択の画像

②ホーム・駅にある券売機で購入

券売機の画像

ホームや駅に設置されている券売機で購入する方法です。

券売機では座席指定が出来ません。

基本的には座席指定の出来るネットで買うことをオススメします。発車15分前を過ぎた後は券売機を利用するようにしましょう。

③ 車内で購入

指定席券を買わずに乗車した場合は車内で車掌さんから指定席券を購入する必要があります。

車内で購入の場合の価格は700円です。これは絶対に避けましょう。

京王ライナーの注意点

僕は先頭車両(一号車)の先頭の窓側の席を購入しました。

窓からの車窓は勿論のこと、運転席からの前面展望も楽しめるかと期待してのことでした。

いざ席についてみると、窓がない!

京王ライナー座席の画像

あるっちゃあるけど、かなり顔を横に向けないと車窓を楽しめない。

運転席も目隠しがされている!!

京王ライナー車内の画像

そんなわけで車窓を楽しむこと出来ませんでした。

京王永山で1つ後ろの席が空いたので移動をしたら、このように大きな窓がありました。

京王ライナーの窓の画像
二列目からの車窓

車窓を楽しみたい方は一番前以外の窓側の席を予約するようにしましょう。

まとめ

今回は京王ライナーに乗った感想・乗り方を解説しました。

実際に乗るまでは「新宿で一本見送れば座れるから存在価値ないだろ」なんて思っていましたが、乗ってみると印象が変わりました。

京王ライナーならではの良さがあるので利用者の方はおそらくリピーターが多いのかな?と考察します。

府中以西、京王永山以西にお住まいで未体験の方は一度乗ってみてはいかがでしょうか?

僕も機会があれば上りの京王ライナーにも乗ってみたいと思います。

以上!ありがとうございました!

合掌 🙏

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東北出身、杉並区で一人暮らし中の27歳会社員。在宅勤務の空き時間でブログを書いています。

「35歳までに1億円をためて田舎でセミリタイア」が人生の夢。
そのために日々、節約と英語学習にまい進中です。

このブログでは自分が体験して良かったものを発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる